先輩メッセージ

会話から生まれる信頼。
会話から見つかる身体の変化。

看護師(勤続14年)木村 円香

勤務施設

大平寺の森クリニック

保有資格

正看護師

モットー

話を聞く

好きな言葉

感謝

休日の過ごし方

愛犬と過ごす

髙橋医院グループを選んだ理由

大病院とは違う役割のクリニックで、
高齢者と関わりたかった。

もともとは、高齢の患者さんが多い総合病院に勤めていました。昔から高齢者の方が好きだったんですよね。愛情を込めてこう言いますが、とても可愛いんですもの。関わって手助けしたい気持ちになりますね。

でもどうしても大病院では「治療」が最優先で、いつもバタバタ。時間がなくて日常会話もままなりません。それは大病院の役割として仕方のないことなんですが、もっと一人ひとりとじっくり寄り添いたくて、14年前、『ふくよかケアプラザ大名』のデイサービス看護師として入社しました。

忘れられないできごと

最期の希望を叶えてあげたい。
切ないけれど、それが私の役目。

大名のデイサービスからデイケア、本院(当時の髙橋循環器内科医院)を経て、入社から1年たったころにこの『大平寺の森クリニック』が開設されて、同時に私もここに移りました。

老人ホームに隣接されている当院は治療だけでなく、自立支援を促す介助や、ADL(日常生活動作)も重要ですし、ホームに入居されている方の往診も先生と一緒に行って、日々の健康管理を担っています。

ご本人やご家族のご要望を聞いて、看取りまで行いますから、やっぱり看取った患者さんのことは一人ひとり忘れられないですね。お別れは切ないことですが、みんなに見守られて安らかに旅立てた時は、ご希望を叶えられたことに安堵もします。最期の時は必ず訪れるものですから、ご本人もご家族も心残りがないようにサポートしたいですね。

仕事で大事にしていること

時間が許す限りお話しする。
患者さんとも、ドクターとも、スタッフとも。

患者さんと話がしたくて転職したくらいですから、じっくりお話を聞くことを大事にしています。まず高齢の方はお話が大好きですし、それだけで気分が軽やかになるものです。それに、何気ない会話の中から出てくる普段困っていることや心配ごとから、身体の状態がわかったりもするんですよ。

そういった会話からわかったことを、ドクターはもちろん隣りの施設とも共有します。あちらにも複数の看護師がいますし、連携はバッチリです。ここはドクターとも経営者とも距離が近くて家族的なので、色々な共有や改善がスピーディーだし、あったかい職場だなぁといつも思っています。
pagetop